【&Buzzの口コミニュース】米・同盟国首脳、ウクライナ支援巡り電話会談=ホワイトハウス | ロイター

&Buzzの一般ニュース

米ホワイトハウスは、バイデン大統領と同盟諸国、欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)首脳らによる電話会談が行われ、ウクライナ支援継続について協調が確認されたことを明らかにしました。参加した首脳には日本のほか、カナダ、ドイツ、イタリア、ポーランド、ルーマニア、英国、フランス、NATO、欧州委員会、欧州理事会が含まれます。この会談では、バイデン大統領は米国のウクライナ支援の中断を許さないと明言し、米国はウクライナ支援を継続する意思を持っており、軍事物資の提供には議会の支援が必要であることが述べられました。

&Buzzとしては、ウクライナ支援の継続についての協調が確認されたことは非常に好ましいと考えています。国際連携を強化し、ウクライナの安定を支えることは重要な課題です。この会談により、各国の協力が再確認され、米国のウクライナ支援が長期化する可能性も示されました。この取り組みを見守り、支援を続けることで、ウクライナに安定と発展がもたらされることを期待しています。

格付け会社フィッチは、米下院でマッカーシー議長の解任動議が可決されたことで、政府機関の一部閉鎖が年内に発生する可能性があると予想しました。ただし、政府機関の閉鎖は米国のソブリン格付けには影響しないとの見方も示されました。

ロイターは、トムソン・ロイターのニュース・メディア部門として世界最大級の国際マルチメディア通信社であり、幅広い情報を提供しています。その他、さまざまな分野で包括的なソリューションを提供しており、企業や組織の発展を支援しています。

この &Buzzニュースは、ReutersのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました