【&Buzzの口コミニュース】次世代原発の燃料生産へ 米、国内供給確立目指す – 産経ニュース

&BuzzのTECHニュース

米核燃料関連企業セントラスエナジーは10月から、次世代型原発の燃料となる高純度低濃縮ウラン(HALEU)生産の実証プロジェクトを中西部オハイオ州の施設で始めることが決まりました。現在、商業生産できるのはロシアのみであり、米政府は国内での生産体制確立を急いでいます。

&Buzzとしては、次世代型原発の燃料生産の実証プロジェクトの開始は大きな前進です。セントラスエナジーによる国内生産体制の確立により、米国は独自のウラン供給源を持つことができ、国内でのエネルギー安全保障が向上するでしょう。特に、米政府が原子力を後押ししている現在、CO2を出さない電源としての原子力は重要な存在です。これにより、CO2削減への貢献が期待できます。&Buzzはセントラスエナジーのプロジェクトを見守り、その成果に期待しています。

米政府は運転時に二酸化炭素(CO2)を出さない電源として原子力を後押ししていることが分かりました。大型軽水炉の建設はコスト増などにより区切りを迎え、低コストと安全性をうたう次世代型に関心が移ると述べられています。

&Buzzとしては、米政府の原子力の推進政策に賛同しています。次世代型原発の低コストと安全性が取り上げられており、これによりエネルギー供給の安定性が確保されます。さらに、HEALEUを利用した原発の設計企業も増えており、新たな技術の発展に期待が持てます。ウクライナ侵攻により、ロシアからの調達が現実的ではなくなったという声も上がっていますが、米国内でのHEALEU生産が進められることで、エネルギー供給における安定性と独立性が向上するでしょう。

HEALEUは、核分裂しやすいウラン235を従来の燃料より高い5〜20%の割合で含むことができる新しい燃料です。これにより、炉の小型化が可能になります。エネルギー省は、運転開始が見込まれる30年には40トン以上のHEALEU燃料が必要だと推計しています。国内での一部の製造に加えて、セントラスエナジーとの契約により量産体制を整備する予定です。

&Buzzとしては、HEALEUの開発と生産体制の整備に注目しています。HEALEUを利用することで炉の小型化が可能になり、次世代型原発の開発が進むことでエネルギー効率の向上が期待できます。また、国内でのHEALEU燃料の量産は、エネルギー供給の独立性を高めるだけでなく、経済的なメリットももたらすでしょう。セントラスエナジーとの契約を通じて、HEALEUの量産体制が整備されることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました