【&Buzzの口コミニュース】本木雅弘、約10年ぶり民放ドラマで10キロ減量 平尾誠二と山中伸弥の友情物語を描く : 映画ニュース – 映画.com

&Buzzの一般ニュース

本木雅弘が約10年ぶりに民放ドラマに出演し、10キロ減量して役作りに臨むことが明らかになった。彼はテレビ朝日のドラマスペシャル「友情 平尾誠二と山中伸弥『最後の一年』」に主演し、伝説のラガーマン・平尾誠二を演じる。彼が民放ドラマに出演するのは約10年ぶりであり、特にこのドラマでは平尾さんとノーベル生理学・医学賞を受賞した医師・山中伸弥氏の友情物語が描かれる。

平尾誠二は日本代表としても活躍した元ラグビー選手であり、彼は日本代表監督なども務めて「ミスター・ラグビー」と呼ばれるほどの伝説的な存在だ。彼は2019年のワールドカップ日本大会の成功と、東日本大震災の被災地での試合開催の願いを持っていたが、突然のがん宣告に襲われる。しかし彼は冷静に受け止め、病と闘う決意を固める。

彼を支え続けたひとりの親友は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した医師の山中伸弥であり、彼が山中氏との交流を通じて病と闘う平尾さんをサポートし続けた姿が描かれる。また、このドラマには滝藤賢一も出演し、山中伸弥を演じる。

本木雅弘は平尾さんを演じることにプレッシャーや畏れを感じつつも、彼の明るさとおおらかさに影響を受けながら撮影に臨んだ。彼は役作りのために10キロ減量し、壮絶な役づくりに挑んでいる。滝藤賢一も本木雅弘の姿を見て、彼の苦悩や迷いを目の当たりにして刺激を受けたという。

このドラマは平尾さんと山中伸弥の友情や平尾さんの家族の愛情が描かれる作品であり、本木雅弘と滝藤賢一の演技が注目される。また、本木雅弘は撮影中に平尾さんの服やアイテムを借りることができ、彼らの言葉や言動は平尾さんを通して発せられたものであることを感じながら演じた。

このドラマは11月11日に放送予定であり、日本ラグビーの愛される展開になることを期待している。

この &Buzzニュースは、Eiga.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました