【&Buzzの口コミニュース】日本郵政、楽天株の特損850億円を戻し入れ 株価回復で – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

要約:

日本郵政は、楽天グループ株の特別損失約850億円が回復していることを受け、2023年4〜6月期に計上した特損を23年7〜9月期に戻し入れると発表しました。楽天Gの株価が上昇したことで、会計上の処理を行ったものです。24年3月期の業績予想は据え置かれます。日本郵政は2021年に楽天Gに約1500億円を出資しましたが、楽天Gのモバイル事業の苦戦により株価が低迷していました。しかし、株価は回復しており、6月30日時点では499円だった株価が9月29日には613円まで上昇しました。

感想:

&Buzzとしては、日本郵政と楽天の関係に注目したいと思います。日本郵政が楽天に出資したことで、楽天Gの株価回復による特損の戻し入れというニュースは、楽天の将来に影響を与える重要な要素となります。楽天のモバイル事業が株価低迷の原因だったようですが、株価の回復は楽天の再成長の兆しとも言えます。今後の楽天の動きに注目し、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました