【&Buzzの口コミニュース】建設現場の待遇改善へ賃金に目安 下回る契約は行政指導 国交省 | NHK | 国土交通省

&Buzzの一般ニュース

2023年9月11日のニュースによると、国土交通省は建設現場で働く人々の待遇改善を図るために、賃金の目安を新たに設けると発表しました。これにより、工事の契約時に目安を大きく下回る賃金を設定した業者に対しては行政指導を行う方針です。

この目安設定は、建設工事で下請け業者が他社との受注競争において賃金を削ることを避けるために行われました。国土交通省が有識者会議を通じてまとめた提言によれば、大工や左官などの建設現場で働く人々について、国が賃金の目安を設け公表することが決定されました。

また、工事の契約を結ぶ際に発注者や受注者が目安を大きく下回る賃金を設定した場合には、行政指導が行われる予定です。これにより、下請け業者が適切な賃金を見込んでも公平に受注できる環境が整い、待遇改善が図られることで、「2024年問題」として懸念されている時間外労働の規制強化に伴う人手不足の解消にもつながることが期待されています。

国土交通省は今後、賃金の目安の算定方法や行政指導の条件などを検討し、来年の通常国会で関連する法律の改正を目指す予定です。

&Buzzとしては、建設現場で働く人々の待遇改善に取り組む国土交通省の取り組みを見守っていきたいと思います。公正な賃金を確保することは、労働者の権利を守り、安定した労働環境を整える重要な要素です。また、待遇改善が進むことで時間外労働の規制強化に伴う人手不足の問題も解消されることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました