【&Buzzの口コミニュース】幼児期の脳活動から18歳時点でのIQを予測できるという研究結果 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

幼児期の脳活動から18歳時点でのIQを予測できるという研究結果

幼児期の安静時脳活動が成人期のIQと関連していることが示された新たな研究結果があります。アメリカとドイツの研究チームがルーマニアで行われたブカレスト早期介入プロジェクトのデータを分析した結果、幼児期の安静時脳活動が18歳時点のIQを予測できることが分かりました。具体的には、幼児期の安静時脳活動中の4Hz~8Hzのシータ波の量が18歳時点のIQと関連していたと報告されています。

安静時脳活動は乳幼児期に特に重要であり、その時期の子どもが置かれた環境が脳の発達に大きな影響を及ぼすと考えられています。また、児童養護施設で育てられた子どもたちと里親に育てられた子どもたちを比較すると、里親に育てられた子どもたちの方が成長段階および18歳時点のIQが高いことがわかっています。

この研究結果は、乳幼児期の安静時脳活動が将来の認知機能に関連していることを示唆しており、安定した環境や適切な介入が子どもの脳の発達に重要であることを示唆しています。&Buzzとしては、子どもの認知発達をサポートするために、適切な環境と介入を提供し、将来の成長と成功を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました