【&Buzzの口コミニュース】宿主の細胞を自分の肉体に変えてしまう驚きの寄生植物「バラノフォラ」 – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

寄生植物のバラノフォラは、一見すると木の根元に生えているキノコに見えますが、実際は茎の上に小さな花が集まった塊です。このバラノフォラは、花があるにもかかわらず開花を制御する遺伝子を持っていないことが、米国の研究で示されました。また、バラノフォラは宿主の細胞を操作して自分の肉体となる「キメラ体」を作る特殊な性質を持っています。

バラノフォラが遺伝子を持たずに花を咲かせる仕組みや、なぜ宿主の細胞を利用して自らの肉体を作るようになったのかについてはまだ不明な点が残っています。ただし、寄生植物の発生は恐竜絶滅後の厳しい環境に起因しており、他の植物に寄生することで生き残るための戦略として進化したと考えられています。

バラノフォラの例は寄生レベルが進行したものであり、寄生が進むほど自らの体の一部や遺伝子を失っていく傾向があります。寄生生物は生き残るために独自の進化を遂げる一方で、最終的には生命そのものを放棄することになる皮肉な姿でもあります。バラノフォラのような寄生植物は、その進化の過程を研究することで、生命の多様性や適応の仕組みについての理解を深める重要な存在です。

&Buzzとしては、バラノフォラのような奇妙な寄生植物が持つ特殊な進化のメカニズムに興味を持ちました。寄生植物は生物の多様性を豊かにする一方で、遺伝子の喪失や体の変化など独特の進化を経験しています。今後の研究で、これらの進化の仕組みや生命の多様性の理解が進むことを期待しています。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました