【&Buzzの口コミニュース】厚労省「身体活動基準2023(仮称)」案で「座位行動」推奨値を提示 「健康づくりのための身体活動基準・指針の改訂に関する検討会」より | ニュース | 保健指導リソースガイド

&Buzzのヘルスケアニュース

厚生労働省は、2013年に策定された「健康づくりのための身体活動基準・指針2013(アクティブガイド)」の改訂に着手しました。この改訂に関して、今年6月に「健康づくりのための身体活動基準・指針の改訂に関する検討会」が設置され、その結果として「身体活動基準2023(仮称)」が公表されました。

「身体活動基準2023」では、ライフステージ別の身体活動・運動の推奨値や働く人が職場で活動的に過ごすためのポイント(案)が示されています。厚生労働省は、今後の議論を経て基準・指針を決定し、年度内に公表する予定です。これにより、来年度からは健康日本21(第三次)のアクションプランに反映されることになるでしょう。

運動基準・指針の策定は、2006年に「運動基準」と「運動指針(エクササイズガイド)」が策定され、2013年には「身体活動基準」と「身体活動指針(アクティブガイド)」が策定されました。これまで、これらの基準・指針は健康づくりの一環として重要な役割を果たしてきました。

身体活動量の評価には、「メッツ=METs(metabolic equivalents)」という単位が用いられています。これは、座って安静にしている状態が1メッツであり、普通歩行が3メッツに相当します。身体活動の量は、メッツに活動時間(時)をかけた「メッツ・時」という単位で表されています。

現在の身体活動基準では、年齢によって基準が分けられており、「18歳未満」「18~64歳」「65歳以上」に適用されます。

18歳から64歳の身体活動の基準は、週に23メッツ・時以上の強度が3メッツ以上の身体活動を行うこととされています。これを歩数に換算すると、1日当たり約8,000~10,000歩となります。

しかし、デスクワークをしている人たちにとって、1日8,000歩のハードルは高いものとなっています。そこで、厚生労働省では「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」を提唱し、年齢に関係なく、毎日体を少しでも多く動かすことを「プラス10(テン)」と呼びかけてきました。

しかし、健康日本21(第二次)の最終評価では、1日の歩数は横ばいか減少しており、「変わらない」評価となりました。

私たち&Buzzとしては、健康づくりのための身体活動基準・指針の改善に注目しています。特に、働き盛り世代でデスクワークをしている人たちにとっての身体活動のハードルを下げる取り組みが重要です。今後の議論やアクションプランでの取り組みに期待し、健康づくりを応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Tokuteikenshin-hokensidou.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました