【&Buzzの口コミニュース】ホンダ、BMW・Fordと合弁 北米で電力情報共有網 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【要約】
ホンダは、独BMWグループと米フォード・モーターとともに、北米で電気自動車(EV)の電力に関する情報基盤を構築する新しい合弁会社を設立すると発表した。新会社「チャージスケープ」では、電力会社との連携を通じて情報網を構築し、2024年初めに稼働する予定だ。初代EVのホンダ・モデルEは欧州ですでに販売されており、今回の合弁会社設立により北米市場への進出が加速する見通しとなっている。

【感想】
マーケティング担当者として、ホンダがEV事業において他の大手自動車メーカーと連携し、北米市場での情報共有網を構築することは非常に意義深いと感じます。EV市場は今後ますます成長が見込まれており、このような取り組みは競争力を高める上で重要です。チャージスケープの設立により、ホンダのEVの普及とグローバル展開が促進されることを&Buzzとしては期待しており、彼らの成功を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました