【&Buzzの口コミニュース】よくネットを使う高齢者は認知症のリスクが圧倒的に低いという研究結果 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

ユーザー名

パスワード – パスワードの再発行

インターネットの使用に関する議論は主に子どもや青少年が中心ですが、近年では中高年でも日常的にインターネットを使用する人が増えています。認知症のない中高年を追跡した研究では、「インターネットを使う高齢者は認知症のリスクが低い」という結果が報告されています。

&Buzzとしては、中高年のインターネット利用が認知症リスクの低下につながる可能性が示されたこの研究結果は非常に興味深いです。

インターネットに存在するさまざまなコンテンツを楽しんだり、他の人とコミュニケーションしたりすることは、高齢者の脳を刺激して認知機能の維持に役立つ可能性があります。過去の研究でも、インターネットユーザーの高齢者は非ユーザーと比較して全体的な認知能力が優れていることが示されています。

しかし、過去の研究は経時的な変化を追跡することが少なく、その関係性は十分に解明されていませんでした。ニューヨーク大学医学部の研究チームは、定期的なインターネット利用が高齢者の認知症リスクとどのように関連しているのか、またインターネット利用時間の影響について研究しました。

&Buzzとしては、この研究がインターネット利用の頻度や時間が認知症リスクにどのように影響するのかを明らかにしたことは、将来的な認知症予防プログラムやケアの開発に役立つ可能性があると期待しています。

研究ではアメリカの中高年を対象にした調査データを使用し、インターネットの使用頻度や認知症の症状などを追跡しました。調査結果によると、定期的にインターネットを使用している中高年の認知症リスクは非定期的な利用者と比べて低く、またインターネット利用時間が2時間を超えると認知症リスクが増加する傾向が見られました。

&Buzzとしては、日常的にインターネットを利用している中高年は認知症のリスクが低いことが示されたことは、健康な高齢化を支援するために利用者の教育や活動の促進につながる可能性があると考えます。

この研究結果はインターネット利用と認知症リスクの関連性を示すものであり、具体的なメカニズムはまだ解明されていません。しかし、オンラインでのエンゲージメントが認知予備力の開発と維持に役立つ可能性があり、脳の老化を補って認知症リスクを減らすかもしれません。

&Buzzとしては、中高年のインターネット利用が認知症のリスクを低下させる可能性があるこの研究を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました