【&Buzzの口コミニュース】「知って、肝炎プロジェクト」肝炎対策広報大使 徳光和夫氏「健康一番プロジェクト」サポーター Maasa氏がダンスを通じた健康づくりについて特別プログラムを実施|知って、肝炎プロジェクト・健康一番プロジェクトのプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年から活動しており、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の重要性を分かりやすく伝えることを目的としています。その活動を通じて、国民が正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら行動することを促しています。

最近、肝炎対策広報大使の徳光和夫氏が司会進行を務める特別プログラムが開催されました。このプログラムでは、ダンスを通じた健康づくりについて発信しました。Maasa氏と東京大学の宮﨑敦子氏も出演し、活動について話しました。

Maasa氏は、まだ運動を始めていない人に対して、どのように体を動かすきっかけを作れるかを考えていると話しました。実際にダンスを始めているGOLD世代ダンスチームを訪問し、彼らがダンスを始めたきっかけなどをヒアリングしています。

Maasa氏は、GOLD世代ダンスチームとの交流の中で彼らのパワーに圧倒されたと語りました。彼らは学生時代に戻ったように、仲間と目標に向かって輝いていました。目標があると自然と健康に気を付けるようになると感じたと述べました。

宮﨑先生は、ダンスと認知症予防の関わりについて研究を進めていると話しました。また、健康づくりには運動だけでなく食事や睡眠も重要だと強調しました。運動量を増やす場合は、栄養を摂り、体を回復させるためにしっかりと睡眠を取る必要があると述べました。

Maasa氏は、自身も運動を始めた後は食事や睡眠の量が増えたと話しました。運動と食事と睡眠のバランスを上手に取ることが重要だと語りました。

最後に徳光氏は、自身もダンスを通じて健康意識が高まったと感じたと述べました。健康への意識の高まりが、肝炎ウイルス検査などを受けるきっかけになると話し、健康になるためには少しでも体を動かすことから始めるよう呼びかけました。

この特別プログラムは、2023年9月2日に神奈川芸術劇場で開催されました。徳光和夫氏、Maasa氏、宮﨑敦子氏が出席しました。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました