【&Buzz口コミニュース】ガソリン「200円は覚悟」と諦めの声、満タンにせずリットル単位で給油する客も : 読売新聞

&Buzzのビジネスニュース

ガソリン価格が高騰、183・2円/リットルに達し15年ぶりの高値

静岡県内では、レギュラーガソリンの小売価格が21日時点で1リットルあたり183・2円に達し、15年ぶりの高値となりました。この高騰は、原油価格の上昇と円安の重なりが要因で、専門家は早期の下落は見通せないとしています。この状況は車を生活の足とする静岡県民にとって大きな打撃となり、運送業などにも広がっています。

ガソリン価格の上昇が続く背景には、産油国の減産や円安の影響が

静岡県内のレギュラー価格は、5月15日の166・0円から14週連続で上昇し続けています。8月7日には180円を突破し、3週連続で180円を超えるまでになりました。これまでの最高値である187・2円にも迫る勢いです。この高騰の背景には、産油国の減産による原油価格の上昇と、輸入価格を引き上げる要因となる円安の影響があります。ガソリンだけでなく軽油などの価格も上昇しており、物流業界をはじめとする様々な業種に影響を与えています。

ガソリン価格上昇は地域経済の回復にも悪影響を及ぼす可能性

このガソリン価格の高騰は、新型コロナウイルスによる外出の機運が高まる中で起こっており、地域経済の回復に水を差すことになりかねません。静岡経済研究所の望月毅主席研究員は、価格の下落が見込めず、政府の補助金も長期的に悪影響であると指摘しています。円安の是正や景気浮揚策が必要とされています。&Buzzとしては、この状況の中で地域経済の再活性化に向けた施策を見守っていきたいと考えています。


感想:

ガソリン価格の高騰が日本全体に影響を与えている状況に危機感を抱きます。静岡県内では15年ぶりの高値を更新し、多くの人々にとって生活費の負担が増えるでしょう。特に地方で車を生活の足としている人々にとっては大きな打撃です。また、物流業界や農業など他の産業にも悪影響を及ぼす可能性があります。

&Buzzとしては、ガソリン価格の暴騰の背景にある要因について理解し、政府や関係機関が迅速かつ適切な対策を取ることを期待します。特に、産油国の減産や円安の影響に対しては適切な対策が必要です。地域経済の回復にも大きな影響を与えるため、早急な対策が求められます。この問題に対しては、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました