【&Buzzの口コミニュース】NYダウ反発で始まる 雇用統計受け利上げ警戒和らぐ – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

日経の新サービス「NIKKEI Prime」について

日本経済新聞は、朝夕刊や電子版ではお伝えしきれない情報を提供するため、新たに「NIKKEI Prime」というサービスを開始します。さまざまな切り口で情報をお届けし、今後もさらなるサービスの展開を予定しています。

米国株式市場の動向と雇用統計について

米ダウ工業株30種平均は、労働需給の緩和を背景に反発して始まりました。8月の米雇用統計では、失業率が市場予想に反して上昇しましたが、平均時給の伸び率は市場予想を下回りました。これにより、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めへの警戒感が和らぎ、景気敏感株やハイテク株への買いが先行しています。

株式市場と債券市場の関係

米債券市場では長期金利が低下し、株式の割高感が薄れているとの見方があります。建機や石油、工業製品などが上昇していますが、映画・娯楽やドラッグストアは下落しています。

「ニュース5本」のお届けと読み放題会員のご案内

日本経済新聞では、編集者が選んだ押さえておきたい「ニュース5本」を配信しています。また、すべての記事が読み放題の有料会員を募集しています。初回は1カ月無料でお試しいただけますので、ぜひご利用ください。

&Buzzとしては、米雇用統計の結果による株式市場の動向や米債券市場の影響を見守っていきたいと思います。さらに、日本経済新聞の新サービス「NIKKEI Prime」や読み放題会員の展開も注目し、応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました