【&Buzzの口コミニュース】自分好みのアバターと声でビデオ通話できる「Vme!」が正式リリース

&BuzzのTECHニュース

Highball PTE. LTD.は9月11日(月)、Web3×VTuberプロジェクト「Vhigh!」の一環として、自分の好きなアバターと声でビデオ通話ができる「Vme!」を正式にリリースしました。このツールは、Google Chromeの拡張機能で、DiscordとGoogle Meetとの連携が可能です。Vme!の特徴は、カメラ映像だけでなく声も変えることができることです。例えば、男性の声を「ずんだもん」のキュートな声に変えることも可能です。遅延が気になる場合は、声のピッチのみを変更することで遅延を軽減する機能もあります。Vme!はChromeの拡張機能として簡単に利用できます。アバターを選択し、ブラウザ版のDiscordまたはGoogle Meetでビデオを開くことで、好きな声と姿でビデオ通話に参加することができます。現在は、無料で使用できるアバター「ずんだもん」を含む3つのアバターが利用可能です。また、自分だけのキャラクターを手に入れるためにNFTの購入や外部プロジェクトのコラボアバターの販売も予定されています。Vme!は基本無料で利用できますが、アプリ版には非対応で、ブラウザ版のみ利用可能です。詳細な使い方やトラブルシューティングについては、公式サイトで確認することができます。

感想:
マーケティング担当者として、このVme!のリリースについて非常に興味深く感じました。VTuberの世界は今や非常に大きな市場となっており、その中でもHighball PTE. LTD.が提供するVme!は、自分の好きなアバターと声でビデオ通話できる新しい体験を提供しています。また、アバターの声を変えることができるという点も、他のビデオ通話ツールとは一線を画しており、新しいコミュニケーションの形を提案しています。私たち&Buzzとしては、Vme!を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Denfaminicogamer.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました