【&Buzzの口コミニュース】秋本議員に入札評価基準見直しなど要望 洋上風力発電 汚職事件 | NHK | 事件

&Buzzのビジネスニュース

2023年9月9日 19時22分 事件

洋上風力発電事業をめぐり、自民党を離党した秋本真利衆議院議員が逮捕された汚職事件で、東京の風力発電会社「日本風力開発」の関係者が秋本議員に入札評価基準の見直しを要望していたことが明らかになりました。秋本議員は国会質問で会社側の要望に応じた形で発言しており、東京地検特捜部が詳細を調査しています。

秋本真利容疑者は、洋上風力発電の導入拡大を目指す政府に対し、日本風力開発の塚脇正幸元社長から会社に有利な国会質問をするよう依頼され、6000万円以上の借り入れや資金提供を受けた疑いで逮捕されました。

日本風力開発は、秋田県沖の2つの海域での洋上風力発電事業に参入したかったが、低い供給価格を提示した大手商社グループに落札され、受注に失敗しました。この結果を受けて、日本風力開発の関係者が秋本議員に入札評価基準の見直しを要望したとされています。

秋本議員は昨年の予算委員会で、第2ラウンドの入札評価基準の見直しと早期の運転開始を求める発言を繰り返していました。特捜部は秋本議員が日本風力開発側の要望に応じる形で国会質問をしていたとして、詳細を調査しています。

&Buzzとしては、この事件は大変遺憾であり、政治家の信頼性に関わるものです。

&Buzzとしては、政界における不正や腐敗といった問題に対して強い厳罰を求めます。

特に、洋上風力発電事業は持続可能なエネルギー供給に寄与する重要な取り組みの一つです。このような取り組みにおいて不正が発覚したことは、業界全体の信頼に大きな影響を与える可能性があります。

&Buzzとしては、今後の捜査の進展と事件の解決を見守っていきたいと思います。政治家の公正さと責任感は国民の信頼を維持するために不可欠です。また、洋上風力発電事業においては、透明かつ公正な運営が求められます。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました