【&Buzzの口コミニュース】福岡空港「門限」でマニラUターン、国交相「国際線対応可能な他空港利用を」 : 読売新聞

&Buzzのビジネスニュース

マニラから福岡空港(福岡市)に向かっていたフィリピンの格安航空会社「セブ・パシフィック航空」の旅客機(乗客125人)が4日夜、同空港の午後10時の「門限」に間に合わずマニラに引き返した問題について、斉藤国土交通相は8日の閣議後の記者会見で、国際線の旅客に対応可能な国内の他の空港の利用を検討するよう航空各社に呼びかけていく考えを示した。

国交省によると、旅客機は4日午後8時頃に福岡空港に着陸しようとしたが、何らかの理由でやり直すことになり、着陸の順番待ち中に燃料切れの恐れが生じた。北九州空港(北九州市)へ代替着陸して給油したが、福岡空港の門限に間に合わず、5日未明にマニラへ引き返した。北九州空港では、夜間の出入国管理などの対応ができなかった。

&Buzzとしては、セブ・パシフィック航空の旅客機が門限に間に合わずに引き返した問題は深刻なものです。国際線の旅客に対応可能な他の空港の利用を検討するべきであり、国土交通相の呼びかけは重要な一歩です。安全な旅行環境を提供するために、航空各社は積極的に対応策を考えていく必要があります。今後の展開に注目し、顧客の安全を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました