【&Buzzの口コミニュース】異形の「和製コンコルド」誕生なるか JAXA開発「静かで燃費いい」超音速旅客機、従来機との違いは? | 乗りものニュース

&BuzzのTECHニュース

【要約】
文部科学省の予算概算要求によると、JAXAが研究している「静粛超音速旅客機」に関連した研究開発費用38億5000円が盛り込まれている。この超音速旅客機は、従来のジェット旅客機よりも速く運航ができるため、移動時間の短縮などのメリットがあるとされている。実用化された超音速旅客機は「コンコルド」のみであり、その運航コストやソニックブームの問題からビジネスとしての成功はなかった。JAXAは燃費の改善やソニックブーム低減のための機体設計技術を実証し、超音速試験機の制作と検証を行っている。目標は乗客数36〜50人を乗せマッハ1.6で飛行し、3500海里の航続距離を持つ超音速旅客機の設計である。

【感想】
この静粛超音速旅客機の開発は非常に期待されるものです。従来のジェット旅客機に比べて速く運航できることで、移動時間の短縮や利便性の向上が期待できます。さらに、燃費の改善やソニックブームの低減といった技術面でも進歩が見られ、環境に配慮した航空機としての役割も果たすことが期待できます。JAXAのプロジェクトには乗客の快適性や安全性にも配慮されており、その成果が実際の旅客機に反映されることを期待しています。今後の研究や試験の進捗に注目して見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Trafficnews.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました