【&Buzzの口コミニュース】男性のテストステロン分泌量は70歳まではかなり安定しているがその後は減少し始める、西オーストラリア大学研究報告|@DIME アットダイム

&Buzzのヘルスケアニュース

男性のテストステロン分泌量は70歳まで安定しているが、その後減少することが新たな研究で示されました。

この研究結果により、高齢者でのテストステロンの減少が正常な老化のプロセスなのか、それとも高齢男性が直面する健康問題の結果なのかという疑問が浮上しました。

Bu Yeap氏らの研究チームは、肥満や高血圧、糖尿病、婚姻状況も加齢に伴うテストステロンの減少要因となる可能性があると述べています。この研究結果は、2023年8月29日に「Annals of Internal Medicine」で発表されました。

テストステロンの減少は、脆弱性や倦怠感を増大させ、性機能の衰えや筋肉量の減少、糖尿病や認知症のリスクを上昇させる可能性があります。加齢にはどうしようもないですが、生活習慣の改善は男らしさの維持に役立つかもしれません。

Yeap氏らの研究チームは、2019年7月までにオーストラリア、ヨーロッパ、北米で行われた11件の研究データを解析しました。対象は合計2万5,149人の男性で、総テストステロン値が複数回測定されていました。

その結果、70歳を超えた男性では、平均テストステロン値が70歳以下の男性に比べて低いことが明らかになりました。ただし、解析結果からは、70歳以降にテストステロンの分泌を促す黄体形成ホルモン(LH)の濃度が上昇することも示されました。Yeap氏は、このテストステロン値の低下は比較的軽度であると説明しています。

一方、70歳以降のテストステロン値の低下を促すさまざまな要因も明らかになりました。具体的には、心疾患や喫煙歴、がん、糖尿病、高血圧、過体重または肥満(高BMI)、運動不足、既婚が要因として示されました。特に過体重または肥満は、高齢と比較してテストステロン値低下との関連が強かったとYeap氏は述べています。

結婚や長期のパートナーがいることは、高齢男性でのテストステロン値の低下に関連している可能性があります。結婚して家族のいる男性はストレスが多く、それによってテストステロン値が低下する可能性があると考えられます。ただし、この研究はその詳細を明らかにすることを目的としていませんでした。

Yeap氏は、さまざまな社会人口学的要因や生活習慣要因、医学的要因が男性のテストステロン値に影響を与えていると述べています。医師はこれらの要因を考慮してテストステロン値の検査結果を解釈すべきであり、検査結果が予想値よりも低い場合、それは必ずしも年齢が原因ではなく、これらの要因が影響している可能性も考えられると指摘しています。

米国心臓協会(AHA)の元会長であるRobert Eckel氏は、テストステロンの分泌動態が複雑であると述べています。また、テストステロン値の低下にはLHや性ホルモン結合グロブリン(SHBG)といったタンパク質が関与する可能性があると指摘しています。

テストステロンの減少はQOLの低下につながる可能性がありますが、高齢男性はテストステロン補充療法について医師と相談するべきだとEckel氏やYeap氏は主張しています。

Yeap氏は、「テストステロン治療は明確な医学的理由がある場合にのみ、医師の管理下で行われるべきです」と強調しています。

(参考: https://www.acpjournals.org/doi/10.7326/M23-0342)

参考情報提供元:DIME

感想:男性のテストステロンの分泌量が年齢とともに減少することが明らかになり、その減少には肥満や高血圧、糖尿病などの健康問題が関与している可能性が示されました。テストステロンの減少は様々な影響を与えるため、高齢男性は生活習慣の改善や医師との相談を通じて対策を考えるべきです。この研究結果は、男性の健康に関心のあるマーケティング担当者にとって注目すべきものです。特にテストステロン補充療法や対策商品についてのニーズが高まる可能性があり、市場の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Dime.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました