【&Buzzの口コミニュース】巨大通信衛星は「一等星」と同じ明るさで天文学への影響が心配 | ギズモード・ジャパン

&Buzzのサイエンスニュース

BlueWalker 3衛星の明るさが天文学に与える影響が懸念されています。

AST SpaceMobile社のBlueWalker 3衛星は、地球の低軌道上で展開され、明るさが月や金星、木星、一部の恒星に匹敵するほどとなりました。

BlueWalker 3は、スマートフォンと衛星の直接通信を実現するための試験衛星であり、将来的に100基近くの衛星を打ち上げる計画も進行中です。

しかし、最新の調査によると、このような衛星は天文学にとって問題となることが判明しました。

BlueWalker 3の明るさは、広帯域受信機や電波天文学の周波数帯に干渉し、ノイズの原因となる可能性があるとされています。

このような衛星は、地表に反射された太陽光によって明るい光跡を引き起こし、科学的データの取得にも支障をきたすことが懸念されています。

さらに、AST SpaceMobile社は天文学者と協力し、衛星の位置情報の共有や反射防止素材の搭載など、問題の解決に向けた取り組みを行っています。

&Buzzとしては、天文学への影響を最小限に抑えるための対策を支援し、AST SpaceMobile社の取り組みを見守っていきたいと考えます。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました