【&Buzzの口コミニュース】太陽系外縁部にあるかもしれない未知の惑星をシミュレーションで検証 質量は地球の1.5~3倍か | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

近畿大学総合社会学部のLykawkaさんと国立天文台の伊藤さんからなる研究チームが、太陽系の外縁部に未発見の惑星が存在する可能性を示す研究成果を発表しました。海王星よりも遠くに存在する天体のシミュレーションを行った結果、まだ見つかっていない惑星が存在する可能性があることがわかりました。これまでの研究では、太陽系外縁天体の軌道特性から未発見の惑星の存在が指摘されていましたが、今回の研究ではその影響を受ける可能性がある特定の特性を持つ天体が存在することが示されました。この成果は太陽系の形成や進化に関する理解を深める上で重要であり、今後の研究や観測によって新たな発見が期待されます。&Buzzとしては、これからの研究結果や観測の進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました