【&Buzzの口コミニュース】中国依存から脱却? パナソニックのEV電池材料「カナダ調達」は吉と出るのか、それとも凶か(Merkmal) | 自動車情報・ニュース – carview!

&BuzzのTECHニュース

【要約】
パナソニックエナジーは、カナダのヌーボーモンドグラファイト(NMG)との業務提携を発表し、リチウムイオン電池の負極材である黒鉛のカナダでの採掘・精製を始める。これにより、中国に依存せずに黒鉛の供給を確保することができる。これは米国で成立したインフレ抑制法(IRA)による規定にも対応したものであり、パナソニックエナジーはカナダでの黒鉛採掘を軌道に乗せることで、新たな黒鉛供給源を確保し、EV市場でのシェア拡大を目指す。カナダ政府との協力も進んでおり、新たな黒鉛資源開発の成功を期待したい。

【感想】
パナソニックのEV電池材料「カナダ調達」による中国依存の脱却は、EV市場の成長にとって重要な一歩となる。中国の黒鉛市場の支配への懸念が高まっている中、新たな供給源を確保することは賢明な選択である。パナソニックエナジーの取り組みを見守り、EV市場の拡大に貢献していくことを&Buzzとして応援していきたい。

この &Buzzニュースは、Yahoo.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました