【&Buzzの口コミニュース】ドイツがNASA有人月探査計画を念頭にしたアルテミス合意に署名 29か国目 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

ドイツは2023年9月14日に「アルテミス合意」に署名しました。これにより、ドイツは同合意の29番目の署名国となりました。アメリカ航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官も参加した署名式典は、米国・ワシントンD.C.のドイツ大使館で開催されました。

ドイツ航空宇宙センター(DLP)のヴァルター・ペルツァー長官は、「ドイツ企業は既にアルテミス計画において中心的な貢献をしている。アルテミス合意は、ドイツを含む欧州全体に新たな機会をもたらす」とコメントしました。

アルテミス合意は、宇宙探査・利用の原則を示すものであり、非常に重要な文書です。1957年に国連で発効された宇宙条約を基礎に、宇宙空間の平和的利用や透明性、情報の互換性、緊急時の支援、宇宙機の登録などが規定されています。

さらに、科学データの公開や宇宙遺産の保護、宇宙資源の採掘、衝突のリスク回避、スペースデブリの削減など、宇宙空間の持続的利用に向けた取り組みも含まれています。

&Buzzとしては、ドイツがアルテミス合意に署名したことを見守りたいと思います。ドイツ企業の中心的な貢献やアルテミス計画におけるさらなる機会の提供に期待が高まります。アルテミス合意が宇宙活動における指針となり、国際的な協力と進展を促進することを期待しています。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました