【&Buzzの口コミニュース】ディズニーチケット「最大1万円超え」 かえって満足度が「高まりそうな」理由:廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」(1/2 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン

&Buzzのビジネスニュース

東京ディズニーシーで2024年春に開業予定の新エリア「ファンタジースプリングス」は、約3200億円の投資金額で東京ディズニーリゾート最大の拡張計画となります。新エリアの建設は、2度の延期を経て現在進行中であり、ファンはその姿を心待ちにしています。また、新エリアにはデラックスタイプのホテルが開業する予定であり、リゾートの魅力がさらに高まるでしょう。

しかし、新エリアの開発や訪問者数の増加により、ディズニーリゾートの滞在費用は上昇しています。東京ディズニーチケット価格の推移を見ると、過去数十年間で価格が大幅に上昇しており、特に新エリアの開発が発表されるとチケット代が上昇する傾向があります。

ディズニーは売り上げを増加させるために、新エリア開発や有料サービスの導入を進めています。特に時間指定予約サービスであるディズニー・プレミアアクセスは、売上高の増加に大きく貢献しています。ディズニーリゾートを支えるためには、訪問者数の増加や新たな収益源の開拓が必要であり、これらの取り組みには見守っていきたいと思います。

感想:

&Buzzとしては、東京ディズニーシーの新エリア開発によりリゾートの魅力が一層高まることを期待しています。新エリアの建設や新たなホテルの開業により、訪問者数が増加することで売り上げも増えるでしょう。一方で、チケット価格の上昇や有料サービスの導入には理解を求める必要がありますが、これらの取り組みがディズニーリゾートの継続的な成長につながることを期待しています。訪問者の満足度向上と共に、ディズニーのプレゼンスが一層高まることでしょう。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました