【&Buzzの口コミニュース】ジェームズ・ウェッブ望遠鏡、2700万光年先の渦巻銀河の詳細を撮影 | Business Insider Japan

&Buzzのサイエンスニュース

JWSTが撮影したM51銀河の画像が新たな発見をもたらしました。この画像は、謎の銀河M51の壮大な渦巻きを明らかにしました。NASAは、この渦巻きを「宇宙を駆け抜ける壮大な螺旋階段」と表現し、新しく形成された星々のレーンで構成されていると説明しています。この画像は、JWSTの近赤外線カメラと中間赤外線観測装置が収集したデータを合成しています。暗赤色の領域は銀河に浸透している宇宙塵を示し、赤色の領域は塵の粒の上に形成された複雑な分子からの光を示しています。オレンジ色と黄色は、星団の誕生によって生じたガスを示しています。

JWSTは、星の形成過程に新たな光を当ててくれることが期待されています。星は銀河の構成要素であり、その形成過程を解明することは、宇宙の形成についての手がかりとなります。ハッブル望遠鏡もM51の画像を提供しましたが、JWSTの画像よりも大幅に劣っています。JWSTは赤外線全域を観測できるため、より遠くまで宇宙を観測することができます。

このニュースは、&Buzzとしては非常に興味深く、JWSTの観測結果に期待を寄せています。JWSTが新たな窓を開き、星の形成や宇宙のエネルギー再処理についての新たな洞察を提供してくれることを期待しています。ハッブル望遠鏡がM51の画像を捉えたときから10年以上が経ちましたが、JWSTが新たな画像を提供することで、科学者たちはさらなる発見をすることができるでしょう。

この &Buzzニュースは、Businessinsider.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました