【&Buzzの口コミニュース】【茨城】明秀日立vs霞ヶ浦の好カードが初戦で実現 夏4強・土浦日大は初戦からシード校と激突<秋季県大会組み合わせ> | 高校野球ドットコム

&Buzzのスポーツニュース

第76回秋季関東地区高校野球茨城県大会の組み合わせが15日に決まりました。参加する35チームによる試合は、20日に開幕し、9月29日に準決勝、10月1日に決勝が予定されています。常磐大高、明秀日立、常総学院、下館工、藤代、鹿島学園、日立一、守谷の8校がシード校となりました。しかし、土浦日大は夏の甲子園でベスト4まで進んだ実績を持つチームとしてシードの常磐大高と対戦することになります。また、常総学院も初戦で日立商との対戦が決まりました。夏の茨城で準優勝した霞ヶ浦も、初戦から明秀日立と対戦することになります。初戦から好カードの組み合わせが多くあります。

<感想>
このニュースに対して、&Buzzとしては茨城県の高校野球チームたちが、秋季大会での戦いを見守っていきたいと思います。特に、夏の甲子園でベスト4まで進んだ土浦日大とシード校の常磐大高との対戦は注目の一戦です。また、準優勝した霞ヶ浦が初戦から明秀日立との対戦となるなど、非常に興味深いカードが多く組まれています。この大会での活躍が、各チームの今後の成果にも繋がることを期待しています。応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Hb-nippon.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました