【&Buzzの口コミニュース】【杭州アジア大会】「メダルはうれしいけど、まだ上が2つあるので、そこをめざしていきたい」(渡辺&東野)〈個人戦準々決勝コメント-02〉 | バドスピ | BADMINTON SPIRIT

&Buzzのスポーツニュース

杭州アジア大会「メダルはうれしいけど、まだ上が2つあるので、そこをめざしていきたい」(渡辺&東野)〈個人戦準々決勝コメント-02〉

4年に一度、アジアの頂点を決めるアジア大会(中国・杭州)バドミントン競技は、10月5日、個人戦準々決勝が行なわれた。ここでは日本選手の試合後のコメントを紹介する。

渡辺勇大&東野有紗

混合ダブルス準々決勝、鄧俊文/謝影雪に2-0で勝利

――銅メダル以上が確定した。まずは今の気持ちは

渡辺:素直にうれしいですけど、まだ上が2つあるので、そこに向けて引き続きやっていきたいと思います。明日はアウェイになると思うんですけど、それすらも楽しんで、思い切ってプレーができれば、いい結果につながると思っています。

東野:前回大会は悔しい気持ちで終わったので、まずはメダルが取れてホッとしてるんですけど、その上をしっかりめざして明日も頑張っていきたいです。

――試合を振り返って

東野:出だしはちょっと緊張したんですけど、いつも対戦しているペアなので、お互い手の内を知ってる中で、試行錯誤しながら、二人で話し合いながらできたのがよかったかなと思います。

渡辺:思い切ってやろうという話はしていましたが、お互い手の内を知っている上で、何度も戦うっていうのは結構難しい。そういった中で、今日で言えば、思い切ってやるというのが、結果として僕らにとってすごくプラスになったかなと思います。

――速い打ち合いの展開も多く見えたが

渡辺:連続で速い球というよりは、2球速い球を使って、チェンジしてと意図のある速い球っていうのはうまく使えたと思う。それによって相手が前に出てきたり、後ろに下がったりと動かす場面が増えて、相手にリードさせない展開をうまくつくれたかなと思います。

――明日は中国の馮彦哲(フェン・ヤンツェ)/黄東萍(ファン・ドンピン)と対戦する

東野:2度目の対戦になりますが、黄東萍選手とは何回も対戦していて、前に入ってくるのがすごく速い選手。私がそこに負けないように、前での勝負をしっかりして、うまく優位に立てる展開を増やせたら、勇大くんにも気持ちよく打ってもらって、自分で前を仕留めるという展開づくりができると思うので、相手に負けないように頑張りたいです。

渡辺:まずは楽しんでやるというのが一番だと思うので、そこは変わらずに。明日の羽根の状況とか、会場の状況とかによって変えなきゃいけない部分は多少あると思いますが、打たせたら速いし、前で連続で触らせたら早いというところは、常に注意してゲームを運ばないといけないかなというふうに考えています。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/Badmintonphoto

感想:

マーケティング担当者からの感想として、渡辺勇大&東野有紗選手の活躍を見て、感動しました。彼らのコメントからは、メダル獲得に満足することなく、さらなる上を目指す強い意志が伝わってきます。&Buzzとしては、彼らの頑張りを見守っていきたいと思います。彼らの持つポジティブな姿勢と、試合展開の戦略も素晴らしく、次戦も期待しています。応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Badspi.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました