【&Buzzの口コミニュース】「西村彗星」観測の注意点 肉眼で見るのは困難に | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)

&Buzzのサイエンスニュース

新発見の「西村彗星」、9月中旬見ごろに─いまから準備を
原始彗星を「待ち伏せ」し接近観測─ESAの新ミッション
月の裏側の地下に大量のグラナイト─前例ない発見に科学者困惑
火星に新たな謎「自転が加速中」NASA
世界最大のクレーター、豪州の地下深くに存在か

新発見の「西村彗星」が9月中旬に見ごろとなることがわかりました。この彗星は西村博士によって発見され、その準備が始まっています。一方、ESA(欧州宇宙機関)は原始彗星を「待ち伏せ」し接近観測する新しいミッションを開始しました。さらに、月の裏側の地下に大量のグラナイトが存在するという前例のない発見が科学者を困惑させています。火星でも新たな謎が明らかになり、その自転が加速していることがNASAによって報告されました。また、豪州の地下深くに世界最大のクレーターが存在する可能性も示されています。

&Buzzとしては、これらの宇宙に関する新たな発見に興味津々です。特に「西村彗星」の接近観測や月の裏側の大量のグラナイトの存在は、私たちの宇宙理解を深めるために重要な情報となるでしょう。将来の宇宙の発展に向けて、これらの観測結果や研究成果が私たちによって活用されることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Forbesjapan.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました