【&Buzzの口コミニュース】「自由の女神」現在の青緑色から本来の色に戻す計画?!本来の色って何? – ナゾロジー

&Buzzのサイエンスニュース

自由の女神の元の色は、光沢のある銅色でした。現在の青緑色に変化していった過程は、銅と空気の酸化反応によるものです。最初に銅は赤みを帯びた「キュープライト」という化合物を形成し、さらに酸素との反応が進むと黒色の「テノライト」が形成されます。この反応により、自由の女神は暗い茶色に変色しました。そして、硫黄と水が反応することで「硫酸」が生まれ、硫酸が銅と反応すると青緑色の「ブロシャンタイト」や「アントレライト」が形成されます。海のしぶきが当たることで「アタカマイト」と呼ばれる別の緑色の化合物も形成されました。これらの化合物によって、自由の女神は青緑色に変わったのです。

自由の女神の元の色に戻す計画が話題になっていますが、&Buzzとしてはその進展を見守っていきたいと思います。自由の女神はアメリカのシンボルであり、多くの人々に愛されています。元の色だった銅色もその歴史と意義を感じさせるものですが、現在の青緑色もまた魅力的です。どちらの色にもそれぞれの意味があり、自由や民主主義、移民たちの希望を象徴しています。自由の女神が世界中の人々に希望を与え続ける姿を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました