【&Buzzの口コミニュース】【速報】アメリカ8月の雇用統計 就業者数は18.7万人増 失業率は3.8%

&Buzzの一般ニュース

アメリカの8月の雇用統計で、就業者の増加は市場予測を上回りましたが、失業率は悪化しました。

アメリカ労働省が発表した8月の雇用統計によると、農業分野以外の就業者数は前月比で18万7000人増加しました。これは市場予測の17万人を上回りましたが、3カ月連続で20万人を下回っています。

一方、失業率は3.8%と前月の3.5%から悪化しています。

&Buzzとしては、アメリカの景気動向に注目が必要です。就業者の伸びは予想を上回りましたが、依然として20万人を下回っているため、今後の雇用情勢を見守っていきたいと思います。また、失業率の悪化も懸念材料ですので、経済指標の動向にも十分な注意が必要です。

来月のFRBの会合では、金融政策が決定される予定です。パウエル議長は追加の利上げについて言及しており、経済指標に基づいて判断されるとのことです。&Buzzとしては、金融政策の決定が景気にどのような影響を与えるのかを注視し、アメリカ経済の安定的な成長を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました