【&Buzzの口コミニュース】【速報】アメリカ8月の雇用統計 就業者数は18.7万人増 失業率は3.8%

&Buzzのビジネスニュース

アメリカ8月の雇用統計

アメリカ労働省が1日に発表した8月の雇用統計によれば、就業者の数は前の月と比べて18万7000人増加し、市場の予想を上回りました。ただし、3カ月連続で就業者の伸びは20万人を下回っており、失業率も3.5%から3.8%に悪化しています。この結果により、FRBは金融政策を決める会合を開くことになります。

&Buzzとしては、アメリカの雇用統計が市場予想を上回ったことは好ましいものです。しかし、就業者の伸びが3カ月連続で鈍化していることと、失業率の悪化は懸念材料です。それに加えて、FRBの会合で追加の利上げが議論される可能性もあります。現在の経済指標を注視しながら、今後の動向を見守っていく必要があります。&Buzzとしては、アメリカの経済の安定的な発展を応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Tv-asahi.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました