【&Buzzの口コミニュース】新型コロナの後遺症であるロングCOVIDに伴う認知機能の低下「ブレインフォグ」は血栓に関連している可能性が示される – GIGAZINE

&Buzzのサイエンスニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の後遺症である「ロングCOVID」による認知機能の低下である「ブレインフォグ」が血栓と関連している可能性が示されました。研究では、COVID-19で入院した1800人以上の患者を調査し、血液中の特定のタンパク質が認知機能低下と関連していることが判明しました。

この新しい洞察により、ロングCOVIDの原因や治療法についての理解が深まりましたが、まだ回復していない患者たちが存在することは認識しており、治療方法の開発に向けて研究が必要です。

感想:

マーケティング担当者として、ロングCOVIDの患者たちに対して心を痛めていますが、このような研究結果が出てきたことは非常に有望です。&Buzzとしては、ロングCOVIDの治療法の開発や患者の回復を応援していきたいと思います。また、これからの研究で抗凝血療法が有効であるかどうか調べる必要があることも分かりました。治療法の確立を目指し、研究者たちの取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました