【&Buzzの口コミニュース】クリーブランド連銀総裁、インフレ「高過ぎる」-労働市場の均衡は改善 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

米クリーブランド連銀のメスター総裁は、米国のインフレはこのところ改善が見られるものの、なお高過ぎると指摘。また労働市場は依然として力強いとの認識を示しました。

総裁は1日、クリーブランド連銀と欧州中央銀行(ECB)が主催した会議で講演。追加利上げが必要か否かや、米連邦公開市場委員会(FOMC)が9月19、20日の会合でどのような決定をすべきかについては、具体的な発言はなかったと報じられています。

メスター総裁は「ある程度進展はしているが、インフレはなお高過ぎる」と指摘。「金融政策における問題は、フェデラルファンド(FF)金利の現水準が十分に景気抑制的かどうか、そしてインフレ率を持続的かつ時宜を得た形で当局目標の2%へと低下させていく上でどの程度の期間、抑制的な水準で維持する必要があるかということだ」と述べました。

8月の米雇用統計発表後に講演した総裁は、金融当局の行動も一助となり労働市場ではバランスが改善してきているが、雇用は依然として力強いと指摘。「今後の政策判断はリスク管理、そして金融政策の引き締めが過度な場合と不十分な場合とでの異なるコストをどう管理するかだ」と述べました。

FOMC会合で投票権を持たないメスター総裁の見解にもかかわらず、彼女の言葉は市場に重要な示唆を与えるものとして注目されています。&Buzzとしては、今後の米国の金融政策の変化に注目し、景気とインフレに与える影響を見守っていきたいと思います。

感想:マーケティング担当者からの感想として、このニュースを通じて米国の金融政策に関する情報が明らかになり、米クリーブランド連銀のメスター総裁の指摘も注目されています。インフレの改善にもかかわらず、彼女はなお高いインフレ率を指摘しており、金融政策の引き締めが過度になるとリスクが生じる可能性も指摘しています。労働市場においてはバランスの改善が見られる一方で、雇用は依然として力強いとされています。&Buzzとしては、米国の経済の推移や金融政策の影響に注目し、今後の動向を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました