米国株、ダウ平均反落し168ドル安 雇用統計控え利益確定売り – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

中国の不動産開発大手、碧桂園は、債券償還に関する提案の投票期限を再度延長しました。碧桂園は債務不履行を回避するために必死になっており、これが初めてのデフォルトとなる可能性があります。

碧桂園は提案書を上海証券取引所に提出し、投票期限を9月1日の午後10時に設定しました。この延長は、社債保有者が議案について十分な議論と決定をするための時間を確保するためです。

39億元(約780億円)の社債保有者は、碧桂園の提案で債券の支払期限を3年延長し、40日の猶予期間も設けることについて議論します。また、一部の保有者は満期時に全額支払いを求めています。

採決期限は8月25日から31日に延期されていましたが、再度延長されました。

また、ムーディーズによる格下げを受け、人民元建て社債のデフォルト宣言を求める提案も議案に追加されました。

碧桂園はコメントをしていません。

&Buzzとしては、碧桂園がデフォルトを回避しようと必死に交渉を続けている様子を見守っています。不動産開発業界は時には難しい時期を迎えることもありますが、碧桂園の取り組みには応援しています。業界全体の安定と発展に向けて、彼らの成功を心から願っています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました