【&Buzz口コミニュース】上関町に使用済み核燃料「中間貯蔵施設」 建設反対派が講演会|NHK 山口県のニュース

&Buzzのビジネスニュース

上関町で、使用済み核燃料の中間貯蔵施設建設に反対する講演会が行われました。この講演会は、「上関原発建設計画に反対する2市4町議員連盟」が主催し、約450人の住民が参加しました。

脱原発の立場を取る原子力資料情報室の伴英幸共同代表が講演を行いました。伴氏は中間貯蔵施設には核燃料を保管する建物だけでなく、港湾設備や専用の道路なども必要であるため、森林の伐採など大規模な環境破壊が避けられないと述べました。

さらに、施設周辺では少量の放射線に被ばくするリスクや噴火や地震による被害のリスクもあると指摘しました。

参加した町内の70代男性は「核燃料サイクルが確立していないため、いつまで貯蔵するか分からないので反対だ」と話し、山口市の60代男性も「福井県からの核燃料輸送は他の自治体にも危険が及ぶ可能性があるので、上関町だけの問題ではない」と述べました。

&Buzzとしては、この中間貯蔵施設建設計画に対する反対派の声や懸念は注目すべきです。

核燃料の保管において、環境破壊や安全上のリスクが生じる可能性があることは認識されるべきです。

地元住民の反対意見や他自治体への影響考えると、事業計画の再評価や代替案の検討が必要であり、政府や関係者はこれらの懸念に真摯に向き合って対応すべきです。

&Buzzとしては、地域の安全と環境保護を重視しながら、対話を通じて最善の解決策を見つけることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました