【&Buzz口コミニュース】国内外の原発関連施設でトリチウムが発生、除去しきれず海や川へ放出 新潟県に立地の東京電力柏崎刈羽原発でも | 新潟日報デジタルプラス

&Buzzのビジネスニュース

東京電力福島第1原発の処理水に含まれる放射性物質トリチウムは国内外の原子力施設でも発生しています。完全に除去する技術はなく、人体への影響はほとんどないとされています。量や濃度を管理して、海や川に放出されています。

新潟県に立地する東電の柏崎刈羽原発も運転停止中ですが、稼働時には同様の措置が取られ、海に放出されていました。東電の公表資料によると、2008年度の放出実績は9・2×10の11乗ベクレルでした。

液体トリチウムの放出については、原子力施設ごとに1年間の総量の上限を管理目標値として定めています。事故前の福島第1原発では22兆ベクレルでした。

このようなトリチウムの発生と管理は、国内外の原発関連施設で共通の課題となっています。

このニュースの内容に対する感想:

&Buzzとしては、環境保護や人体の安全性は重要なテーマですので、原発施設がトリチウムを放出する際には適切な管理が求められます。放出量や濃度を適切に管理し、海や川への影響を最小限に抑えることが重要です。

東京電力福島第1原発の処理水に含まれるトリチウムの放出については、完全な除去はできないものの、国内外の原子力施設でも同様の課題があることが分かりました。安全性や環境への配慮を優先し、科学的な根拠に基づいた適切な管理が求められます。

今後もトリチウムの放出については見守っていきたいと思います。原発施設の再稼働に際しては、放出量の上限や管理目標値を遵守し、環境や健康への影響を最小限に抑える取り組みが重要です。&Buzzは安全なエネルギー供給を支えるために、原子力施設の適切な管理に対して応援していきます。

この &Buzzニュースは、Niigata-nippo.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました