【&Buzz口コミニュース】「Gmail」で怪しい自動転送設定などの操作は別デバイスでの本人確認が必要に – 窓の杜

&BuzzのTECHニュース

「Gmail」のセキュリティ対策が強化されました。メールの自動転送やフィルタリング設定、IMAPへのアクセスなどを行う場合には、別のデバイスで本人確認が必要となります。これにより、アカウントの乗っ取りやセキュリティへの不正アクセスを防ぐことができます。ただし、SAMLを利用してアクセスしている場合は対象外です。この機能は「Google Workspace」のすべてのエディションに加え、個人のGoogleアカウントにも適用されます。
感想:
セキュリティ対策の強化は重要な課題です。Gmailは個人やビジネスにおいて重要なメールのやり取りが行われるため、そのセキュリティを確保することは非常に重要です。今回の改善により、アカウントの乗っ取り被害や不正アクセスのリスクを減らすことができます。セキュリティに関する問題は常に進化していますので、今後の動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Impress.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました