【&Buzz口コミニュース】ポリジェニックリスクスコアで前立腺がんの死亡リスクを予測 | 理化学研究所

&Buzzのヘルスケアニュース

当サイトでは、Javascriptを使用しています。Javascriptを無効にすると、コンテンツが正常に動作しない可能性やページが表示されない可能性があります。したがって、当サイトを利用する際には、Javascriptを有効にして閲覧してください。

ポリジェニックリスクスコアで前立腺がんの死亡リスクを予測

Rikenのゲノム解析応用研究チームと国際共同研究グループは、前立腺がんのゲノムワイド関連解析(GWAS)とポリジェニックリスクスコア(PRS)を用いて、前立腺がんによる死亡リスクを予測できることを明らかにしました。

この研究結果は、前立腺がんの早期発見と早期治療に貢献することが期待されます。

前立腺がんは男性において2番目に多いがんであり、男性のがん死亡率の6.7%を占めています。そのため、遺伝的要因を解明して予測モデルを構築することは予防医学の観点から重要です。この研究では、前立腺がんと診断されていない男性のデータを分析し、前立腺がんの発症と死亡リスクを予測することができることを示しました。

&Buzzとしては、今回の研究結果が前立腺がんの予測と予防に貢献する重要な一歩であると考えます。将来的な前立腺がんのリスクを予測することで、早期発見や早期治療を促進することができるでしょう。患者の生存率を向上させるためには、今後もこの研究を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Riken.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました