【&Buzz口コミニュース】増える斜視の原因はスマホ? 手術で治る? 専門家に聞きました| 日本財団ジャーナル

&Buzzのヘルスケアニュース

斜視は、視線が左右で異なる方向を向いてしまう病気であり、子どもだけでなく大人にも発症する可能性があります。原因はさまざまで、子どもでは主に遠視が関与しています。一方、大人では目の筋肉のバランスが崩れたり、目の病気や脳の病気が原因となることもあります。最近ではスマートフォンやタブレットの使用により発症するケースも増えています。斜視の症状としては、物が2つにぶれて見える複視や、違うものが重なって見える混乱視などがあります。

&Buzzとしては、斜視についての認知度が低いことや、患者さんの悩みを抱えている状況を改善していきたいと思います。斜視は手術によって治ることができる病気ですが、その治療法や手術に対する認識もまだまだ少ないようです。正しい知識を得ることや、予防のための生活習慣の見直しをすることが大切です。また、斜視の方が社会で差別や見た目の問題で悩むこともありますが、手術を受けることで前向きになれることも多いです。&Buzzとしては、斜視に対する認知度を高め、患者さんを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nippon-foundation.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました