【&Buzz口コミニュース】米国株、ダウ反落し373ドル安 FRB議長講演を前に持ち高調整 ナスダックも反落 – 日本経済新聞

&Buzzの一般ニュース

要約:

24日の米株式市場で、ダウ工業株30種平均は反落し、前日比373ドル56セント(1.1%)安の3万4099ドル42セントとなった。これは7月10日以来約1カ月半ぶりの安値である。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の25日の講演に対する警戒から、持ち高調整の売りが出たことや、ハイテク株を中心に売りが膨らんだことが相場を下げた原因とされている。また、FRBが利上げを続けているにも関わらず、米経済は底堅さを保っており、金融引き締めについては慎重な見方もある。

感想:

&Buzzとしては、今後の米株式市場の動向に注目していきたいと思います。FRBのパウエル議長の講演によって金融引き締めの長期化が示唆される可能性があり、市場の動揺が予想されます。また、ハイテク株の売りが膨らんだことも市場全体を押し下げる要因となりました。しかし、米経済は引き続き底堅さを保っており、このマーケットの動向を見守っていきたいと思います。&Buzzは米経済の持続的な成長を応援しています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました