【&Buzz口コミニュース】7月米新築販売、1年5カ月ぶり高水準 中古不足で需要増 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

要約:

米商務省が発表したデータによると、2022年2月以来1年5カ月ぶりの高水準となる7月の新築一戸建て住宅販売件数が増加しました。中古住宅の在庫不足が新築需要を押し上げ、販売価格も上昇しています。一方、中古住宅販売件数は減少し、価格上昇がみられました。金利や価格の高止まりが続く中、建設業者が販売促進策を講じたことも新築需要の拡大につながっていると考えられます。しかし、急速なローン金利の上昇により、新築販売件数は弱含みで推移すると予想されています。

感想:

&Buzzとしては、住宅需要が引き続き拡大していることは好ましいと感じます。中古住宅の在庫不足が新築需要を刺激している一方で、ローン金利の上昇が購入希望者にとって負担となっていることも認識しています。現在は住宅ローンの支払い負担はまだ大きくないですが、今後の金利動向に注目して見守っていきたいと思います。同時に、建設業者の販売促進策や販売奨励金なども効果的な手段であると考え、これらの取り組みも応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました