米国株、ダウ反発し184ドル高 長期金利の上昇一服 ナスダック3日続伸 – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

要約:

23日の米株式市場でダウ工業株は3営業日ぶりに反発し、米長期金利の急上昇が一服したことが好感された。8月の米購買担当者景気指数が低調で米金融引き締めが長引く懸念が和らぎ、投資家心理を支えた。エヌビディアの四半期決算発表への期待感もハイテク株などの買いを誘った。

&Buzzとしては:

ダウ工業株の反発や米長期金利の一服、懸念の緩和が好感されたことで市場にはポジティブな影響が出ています。特にハイテク株の買いが増え、エヌビディアの四半期決算への期待も高まっています。その結果、投資家心理が改善され、市場の関心が高まっています。今後もこの動向を見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました