大学の理系拡充を政府が支援 「データサイエンス」新設増、課題は入試の数学: J-CAST トレンド【全文表示】

&Buzzのサイエンスニュース

ニュース要約:

日本の文部科学省は、2023年7月21日に理工農系学部を拡充する支援事業について、大学や高等専門学校111校の計118件を選んだと発表しました。女子大からも9校が選ばれました。支援事業は、理系学部の新設と大学院の定員増が柱となっています。各大学からの申請に基づき、学部などの新設が67校選定されました。これにより、海外に比べて少ない理系人材を増やすことが政府の目標となっています。

感想:

&Buzzとしては、理系学部を拡充する支援事業が加速することに期待しています。理系人材の不足が課題とされる中で、政府が積極的に取り組んでいる姿勢は評価できます。特に、データサイエンス関連の学部の増設が目立つようです。デジタル時代において、データ解析や情報処理の能力は重要な競争力となります。そのため、日本が世界に対して競争力を持つためには、理系の教育の充実が必要です。一方で、教員の確保や数学の教育には課題もあるようですが、これらの問題にも解決策を見つけていく必要があります。&Buzzとしては、大学や教育関係者の努力を応援し、理系学部の拡充を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、J-cast.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました