寄付殺到 国立科学博物館の収蔵庫を訪ねてみたら…未来へつなぐ地球の宝 標本500万点 かさむ管理費:東京新聞 TOKYO Web

&Buzzのサイエンスニュース

国立科学博物館の収蔵庫には、標本500万点が保管されており、管理費がかさむ問題が浮上しています。茨城県つくば市では、陸棲哺乳類の剥製や大型動物の骨格標本が保存され、東京都台東区ではフタバスズキリュウの骨格標本が展示されています。また、江戸時代の植物標本を説明する海老原淳さんも茨城県つくば市で活動しています。

これらの標本は、未来へつながる地球の宝として重要な役割を果たしています。管理費のかさみによる問題は課題ですが、その価値を見守り応援していきたいです。国立科学博物館の収蔵庫がどのように運営されていくのか、今後の展開に注目です。

この &Buzzニュースは、Tokyo-np.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました