東栄新薬が露地栽培アガリクスKA21株の免疫増強作用や自律神経の調整作用(ストレス軽減)を論文発表|東栄新薬株式会社のプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

東栄新薬、露地栽培アガリクスKA21株の免疫増強作用や自律神経の調整作用を論文発表

東栄新薬株式会社は、露地栽培アガリクスKA21株に関するヒト臨床試験の結果が学術誌に掲載されたことを発表しました。

論文によると、露地栽培アガリクスKA21株には、免疫増強作用や自律神経の調整作用があり、感染予防やがん患者のサポートに有効であることが確認されました。

また、露地栽培アガリクスKA21株は育毛効果もあり、抜け毛の改善にも効果があるとされています。

&Buzzとしては、東栄新薬の研究開発成果を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Atpress.ne.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました