順天堂大、最新技術で中枢神経系細胞の異常な超微形態変化が明らかに~多くの病因解明への応用に期待~:日経バイオテクONLINE

&Buzzのヘルスケアニュース

順天堂大、最新技術で中枢神経系細胞の異常な超微形態変化が明らかに~多くの病因解明への応用に期待~:日経バイオテクONLINE”

順天堂大学大学院医学研究科老人性疾患病態・治療研究センターの内山安男特任教授、谷田以誠先任准教授らが率いる研究グループは、神経セロイドリポフスチン症モデルマウスにおける神経変性発症時の神経細胞の脱落やミクログリア、アストロサイトの超微形態変化を免疫高精度光線-電子相関顕微鏡法を用いて捉えることに成功しました。

これまでに明らかにされてこなかったTUNEL陽性の構造体やリソソーム内の異常蓄積物、アストロサイトにみられるp62陽性構造体などが明らかになりました。この研究は、抗原抗体反応を電子顕微鏡解析に応用できることから、病態マウスモデルや神経変性疾患を含むヒト病理組織における変性部位の細胞内異常まで明らかにできる可能性があります。

この研究結果は、多くの病因解明への応用が期待されるものであり、医学研究や治療法の開発に大きな影響を与える可能性があります。今後は、さらなる研究や臨床応用が進められることが期待されます。&Buzzとしては、今回の研究結果は神経変性疾患の理解や治療法の開発に向けて重要な一歩となるものであり、研究者の成果に対しては期待が高まります。今後の研究の進展や治療法への応用を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkeibp.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました