先天代謝異常症「FBPase欠損症」で遺伝子変異が引き起こす分子病態を解明 ~遺伝子変異の種類に応じた新たな治療方法の開発に期待~|国立大学法人千葉大学のプレスリリース

&Buzzのヘルスケアニュース

研究の背景と経緯を紹介すると、FBPase欠損症は糖新生の障害を伴う先天代謝異常症であり、肝型FBPaseの欠損によって引き起こされます。この疾患は低血糖や乳酸アシドーシスを引き起こし、長時間の絶食によって症状が現れます。FBP1遺伝子の変異によって生じることが知られており、しかしFBPase欠損症は非常に稀な疾患であり、その発症メカニズムの解析は不十分です。

研究の内容では、FBPase欠損症患者においてFBP1遺伝子のミスセンス変異を同定し、過去に報告された変異を含めた機能解析を行いました。その結果、Type1とType2の2つのタイプに分類されることが明らかになりました。Type1変異はFBPase活性部位に位置し、活性低下を引き起こしますが、FBP1タンパクの発現は保たれます。一方、Type2変異はFBPase活性部位に位置しないものの、タンパクフォールディング異常を引き起こすことで、発現低下と活性欠損を生じます。

今後の展開としては、Type2変異がFBPase欠損症につながることが明らかにされ、シャペロン療法が新たな治療選択となる可能性が示唆されました。FBP1遺伝子の変異に基づいた治療法の開発につながることが期待されています。&Buzzとしては、この研究の成果が先天代謝異常症の新たな治療法の可能性を広げることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Prtimes.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました