「らんまん」宮澤エマ 浜辺美波との抱擁シーンで「感情が自然にあふれ出た」(スポニチ) | 毎日新聞

&Buzzのエンタニュース

2023年8月24日(木)
特集
連載
特集
連載
媒体
特集
連載
媒体
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
特集
連載
媒体
北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州
沖縄
特集
連載
 
特集
スポニチ
スポーツニッポン新聞社から配信を受けています。
特集一覧
記事配信
【牧 元一の孤人焦点】NHK連続テレビ小説「らんまん」のヒロイン・寿恵子(浜辺美波)の叔母・みえ役を演じる俳優・宮澤エマ(34)が取材会を行い、役への取り組み方や朝ドラ出演への思いなどを明かしました。
宮澤は、10年ぶりに物語に再登場するみえ役について、みえが商売上手な女将であり、料亭の規模が拡大した存在であると語りました。みえを演じる際には、10年後の彼女の穏やかで芯のある雰囲気を意識し、しゃべり方のテンポも変えたそうです。
また、宮澤は「おちょやん」以来の朝ドラ出演について、「『おちょやん』は映像作品の転機となる大きな作品で、その後も朝ドラに関わりたいと思っていた。今回の役は『らんまん』のスパイスとなり物語を盛り上げる存在なので、責任重大だと感じました」と述べました。
さらに、宮澤は朝ドラの現場について、「温かみのある現場で、とても家族的な雰囲気がある。途中から入っても居づらいと感じなかった」と感想を述べました。彼女は「おちょやん」や「鎌倉殿の13人」に出演していたことから、NHKでの収録には慣れているようです。
また、宮澤は浜辺美波の演技について、「浜辺さんはとても素直な方で、話し合わなくてもこちらが打ったものをしっかりキャッチしてくれる。私が同じお芝居を何回もするのが苦手なので、彼女がちゃんとニュアンスを受け取り、表情や返し方を変えてくれるのは助かった。特に再会するシーンでは、まっすぐに私の目を見てくれたので、自然に叔母として姪を思う気持ちが湧き上がってきた。浜辺さんのおかげであのお芝居が作れた」と語りました。
宮澤は映像作品ならではの魅力について、「細かい動きで意味を持つことができる。特に肩の動きや視線の送り方を意識している。みえはおもしろいことを探している人物なので、いつも笑みがあり、芸事を続けている人であることを表現したいと思っている」と話しました。
感想:
ビッグモーターの自動車保険の保険金不正請求や新型コロナウイルスのニュース、物価上昇など、今日のニュースは様々な問題や課題があります。&Buzzとしては、特に宮澤エマさんの朝ドラでの活躍に注目したいです。彼女の演技や役作りに対する真摯な姿勢が伝わってきますし、共演者の浜辺美波さんとの抱擁シーンでは感情が自然にあふれ出たとのことで、彼女の力強い演技に期待が高まります。宮澤エマさんの活躍を見守っていきたいです。また、朝ドラの現場の温かみや家族的な雰囲気についての彼女の感想も興味深いです。朝ドラは多くの人々の心を癒し、励ましてくれる存在として重要な役割を果たしているので、これからも応援していきたいです。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました