国がスマホの「サイドローディング」を義務化したい理由 内閣府の担当者に直接聞いてみた(1/4 ページ) – ITmedia NEWS

&BuzzのTECHニュース

日本政府が「サイドローディング」の義務化を打ち出したことに対し、反対の声が多く聞かれる。現在、スマートフォンのアプリは通常、OS標準のアプリストアからのみ入手可能であり、AppleのApp Storeからのみアプリをダウンロードすることが認められている。これにより他社の参入が制限され、競争が促進されないとして、政府はサイドローディングの義務化を求めている。

しかし、この義務化にはセキュリティ上の懸念があり、AppleやITの専門家からも反対の意見が出ている。マルウェアの侵入やiOSのセキュリティへの脅威が問題視されているため、サイドローディングによるアプリの入手が可能になることには慎重な姿勢が見られる。

政府は他の国々でもサイドローディングの義務化を検討しており、欧州連合(EU)の「デジタル市場法」も同様の方向を示している。しかし、実現が難しいとされているだけに、今後の動向が注目される。

&Buzzとしては、セキュリティの面や競争環境を考慮しながら、適切なバランスを求めて進展していくことが重要だと考えます。

感想:サイドローディングの義務化には賛否が分かれる中、セキュリティの面や競争環境の側面から慎重に検討する必要があると感じました。政府や企業の対応によっては、新たなアプリストアの参入や、ユーザーにとってより多様な選択肢が生まれる可能性もあります。今後の展開を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Itmedia.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました