Cameyo と ChromeOS の統合により、WindowsアプリをChromebookで簡単に利用できるようになりました | HelenTech

&BuzzのTECHニュース

GoogleとCameyoが協力し、ChromeOS Virtual App Deliveryを使用して、企業向けのChromebookでWindowsアプリケーションを実行する新しい方法が提供されています。

Cameyoは、WindowsやLinux、SaaSアプリケーションを他のデバイスにストリーミングすることができるVirtual App Delivery(VAD)プラットフォームを提供している企業です。今回、Cameyoの製品がChromeOSと統合されることで、Chromebook上でWindowsアプリを共存させることが可能になりました。

この機能により、ChromebookのランチャーやタスクバーにWindowsアプリが表示されるようになります。実際にはWindowsのフルバージョンではなく、ストリーミングされたプログレッシブウェブアプリ(PWA)ですが、CameyoとChromeOSの統合により、ユーザーは通常のアプリのようにローカルファイルやフォルダにアクセスでき、コピーアンドペーストも可能になります。また、特定のファイルを開こうとすると、Cameyoの適切な仮想アプリが起動するように設定することもできます。

これはParallels Desktop for ChromeOSとは異なる点であり、ChromebookにWindowsをインストールするのではなく、ストリーミングによるものなので、Chromebook自体の負荷や制限が少なくなるという利点があります。

Cameyoを使用したChromeOS Virtual App Deliveryは、本日からエンタープライズ向けに利用可能になりました。ただし、コンシューマー向けには提供されていないことに注意してください。

このニュースに対する感想としては、マーケティング担当者として「&Buzzとしては、この新しい統合は非常に興味深く、今後の動向を注視していきたいと思います。Chromebookはビジネス環境での利用が増えており、Windowsアプリを共存させることでユーザーの利便性が向上するでしょう。Cameyoの仮想アプリデリバリーのプラットフォームは、企業のIT環境において革新的な解決策を提供しています。我々はこの統合によって、企業向けのChromebookの導入が一層加速することを期待しています。」と述べたいです。

この &Buzzニュースは、Helentech.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました