中古車販売「グッドスピード」損保会社の保険金請求調査に対応 | NHK | 自動車

&Buzzの一般ニュース

2023年8月23日、名古屋市に本社がある中古車販売会社「グッドスピード」は、損害保険会社からの要請に応じ、過去の保険金の請求について調査を行っていることを明らかにしました。これは「ビッグモーター」による保険金の不正請求問題を受けて、他の中古車販売会社でも不正がないかどうか調査するためです。

関係者によれば、グッドスピードは車の修理費用を過大に計上し、保険金を不正に請求していないかどうかを調べています。この問題についてはすでに金融庁に報告されている損害保険会社もあるようです。損害保険各社は、広がる可能性がある問題に対応するため、他の中古車販売会社でも不正がないかどうか調査を行っています。

グッドスピードは「詳細については調査中で、今後、新たに公表すべき内容が判明した場合には速やかに公表する」とコメントしています。

グッドスピードは名古屋市東区に本社を構え、2002年に創業しました。新車や中古車の販売、自動車の整備・板金、保険代理店業などを手がけており、中古車の販売ではSUVを得意としています。東海地方を中心に拠点を展開し、東京証券取引所の「グロース市場」に上場しています。現在、49の拠点と約800人の従業員を抱えており、前年度の決算では約561億4400万円の売上高と約10億円の営業利益を記録しています。

要約:名古屋市の中古車販売会社「グッドスピード」が損害保険会社からの調査協力要請に応じ、過去の保険金の請求について調査中。他の中古車販売会社でも不正がないかどうか調査され、問題が広がる可能性がある。詳細は調査中で、新たな情報が明らかになればすぐに公表される。グッドスピードは新車や中古車の販売、整備、保険代理店業などを手がけ、SUV販売が強み。東海地方を中心に展開し、東京証券取引所の「グロース市場」に上場している。

感想:中古車販売会社「グッドスピード」の保険金請求調査に関するニュースは、信頼性や透明性への注文を感じさせます。不正な請求があった場合、消費者の信頼が損なわれる可能性があります。企業は、公正な事業活動と社会的責任を果たすことが重要です。また、このニュースは企業の信頼性が影響を受けるだけでなく、業界全体にも悪影響を及ぼす可能性があります。業界全体で厳正な管理と監査が必要であり、消費者が保護される仕組みを早急に構築する必要があります。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました